■ 有限会社 ガレージモータース
■ 長野県下でNo.1の 『ハイエースプロショップ』!
松本市で 『車を買うなら、車を売るなら、車の買取、車を売りたい』 方は
ガレージモータースへご連絡下さい!
■ ガレージモータースはJU適正販売店です!

■長野県でNo.1の「ハイエースプロショップ」! 「ハイエース・ランドクルーザー・高品質車」を買うなら松本/浅間、ガレージモータス! お客様が安心してお車選びをしていただけるよう、ガレージモータースはバリバリやってます!
■長野県でNo.1の「ハイエースプロショップ」! 「ハイエース・ランドクルーザー・高品質車」を買うなら松本/浅間、ガレージモータス! お客様が安心してお車選びをしていただけるよう、ガレージモータースはバリバリやってます!
 
 
 ■ 5代目 (現行モデル) ハイエースワゴン H200系
 
 □ 上記写真は、5代目/現行ハイエースワゴン 「H200系シリーズ」、08年モデル。
 トヨタハイエースは1967年の誕生以来、日本をはじめアジア、中近東、オセアニア、アフリカ、中南米など世界の国々で使用され、高い信頼性と広い室内・優れた使用性が評価されてきた伝統的
 ワンボックスカー。
 乗用ユースの「ハイエースワゴン」は大型化され、全幅1,880mmのワイドボディ(10人乗り)のみ、後席ドアは助手席側スライドドアをもつ。
 全長4,840mmのロングボディが「DX」と新設定「GL」。
 5,380mmのスーパーロングボディが「グランドキャビン」(ハイルーフ)の計3タイプをラインアップする。
 2700cc直列4気筒DOHC VVT-iガソリンエンジン+インパネに配置したシフトゲート式4速ATのみが組み合わされる。
 ベースとなるDXに対してGLは、外装にカラードバンパーやメッキパーツを装着、内装では、オプティトロンメーター、パワーウインドゥ、アクセサリーコンセント(AC100V)などを装備する。
 それぞれ、ビスカスカップリングを採用したセンターデフ方式のフルタイム4WDシステムも選べる。
 助手席側スライドドアの開口部は広く、ステップ位置は低く設定。室内でのコントロールスイッチのほか、ワイヤレスリモコンキーの操作でもスライドドアを自動で開閉でき、さらにドアハンドルを引くだけでも
 自動で全開閉するパワースライドドアを設定する。
 また半ドア状態のスライドドアを確実に閉めてくれるスライドドアイージークローザーも装備。
 ハイエースはその他、5ナンバーサイズや両側スライドドア、2Lガソリン/3L直噴ディーゼルターボエンジンも搭載した「ハイエースバン」や、15人乗りの「ハイエースコミューター」を用意する。
 
   
 ■新車価格 : 2,877,000 円
 ■型式 : CBA-TRH219W
 ■駆動方式 : フルタイム4WD
 ■トランスミッション : パネルシフト 4速AT
 ■ドア数 : 4ドア
 ■車両重量 : 2060kg
 ■乗員定員 : 10名
 
 ■エンジン型式 : 2TR-FE
 ■最高出力 : 151ps/4,800rpm
 ■最大トルク : 24.6kg・m/3,800rpm
 ■種類 : 水冷直列4気筒 DOHC
 ■総排気量 : 2693cc
 ■過給装置 : ----
 ■使用燃料 : 無鉛レギュラーガソリン
 ■燃費 : 8.2km/リットル
  ■ 5代目 (現行モデル) ハイエースバン H200系
 
  □ 上記写真は、5代目/現行ハイエースバン 「H200系シリーズ」、08年モデル。
  ハイエースバンには大きくわけて次のようなグレードが設定されている。
  「ロングバン (2WD/4WD) 標準ルーフ 標準フロアのスーパー GL」、「ロングバン (2WD/4WD) 標準ルーフ 標準フロアのDX」、「ロングバン (2WD) 標準ルーフ ジャストローのDX」、「ロングバン (2WD) ハイル
  ーフ 標準フロアのDX」、「ロングバン (2WD) ハイルーフ ジャストローンのDX」、「スーパーロングバン (2WD/4WD) ハイルーフ 標準フロアのDX」 となっている。
  用意されているエンジンは、「2.5リッター直噴インタークーラー付ディーゼルターボエンジン」、「2.7リッターDOHC VVT-i ガソリンエンジン」、「2.0リッター DOHC VVT-i ガソリンエンジン」 の3種類で
  トランスミッションは、「4速ATと5速MT」 の 2タイプが用意されている。
  ■ 新車価格 : 3,383,100 円
  ■ 型式 : KDH206V
  ■ 駆動方式 : フルタイム4WD
  ■ トランスミッション : パネルシフト 4速AT
  ■ ドア数 : 5ドア
2030kg
  ■乗員定員 : 5名
 
  ■ エンジン型式 : 1KD-FTV
  ■ 最高出力 : 136ps/3,400rpm
  ■ 最大トルク : 30.6kg・m/1,200〜2,400rpm
  ■ 種類 : 水冷直列4気筒 DOHC
  ■ 総排気量 : 2982cc
  ■ 過給装置 : ターボ
  ■ 使用燃料 : ディーゼル
  ■ 燃費 : 10.4km/リットル
  ■ 2004年 (平成16年08月) 〜 現在販売中
 
  ■ 2004年 08月
4代目よりフルモデルチェンジ (ワゴンのスーパーカスタム系はアルファードに統合) を受ける。
ボディは 「ワゴン ロング ワイドボディ ミドルルーフ」、「ワゴン スーパーロング ワイドボディハイルーフ (グランドキャビン)」、「バン ロング 標準ボディ 標準ルーフ」、「バン ロング標準
 
ボディ ハイルーフ」、「バン スーパーロング ワイドボディ ハイルーフ」、「コミューター (スーパーロング ワイドボディ ハイルーフ)」 と整理され廃標準尺は止された。
 
小型車枠を超えるスーパーロングはワイドボディのみ (全車全幅だけを見れば5ナンバーだった100系比で標準ボディ以外は全幅が190mmも拡大しており、これは全長4.7m以
 
上の車輌は全て3ナンバーとなるため、どうせなら幅も一気に拡大してしまおうという処置だと思われる) となり、ワゴンやコミューターでは居住性が著しく向上した。
 
シフトレバーは先代ではフロア配置でウォークスルーが出来なかったが、現行型は全車インパネシフトとなり、ウォークスルーに配慮されている。
 
基本は4速ATだが、バンロングDXに限り5速MTも選べる。
 
また、ウオークスルーや乗降性との兼ね合いで、15年ぶりにステッキ式パーキングブレーキが復活した。
ディーゼル車 (バン・コミューターのみ) は、従来の3.0L自然吸気式エンジンの5L型から、2.5Lコモンレール式ディーゼルターボエンジンの2KD-FTV型に変更し、「平成15年新短
 
期規制・東京都ディーゼル車規制・自動車NOx・PM法」 に適合させた。
 
商用車はコストダウンの為か多くのメーカー・車種で統一された様な汎用デザインのホイールを装着することが多いが、今回のハイエースでは全車ホイールキャップ付きスチール
 
ホイールを標準装備とし、乗用車に近い印象を与えた外観としている。
ワゴンにはトヨタモデリスタインターナショナルの手でドレスアップされたエアロツアラーも設定された。
ベースはワゴンDXだが、「カラードバンパーやエアロパーツやオプションのパワーウインドウやワイヤレスドアロック」 などの快適装備も装備され安っぽさを感じないものとなっている。
  ■ 2005年
一時受注停止。
  ■ 2005年 11月
一部改良。
全車にヘッドライトマニュアルレべリング機構を採用し、ハイマウントストップランプを装備した。
スーパーGLはカラードバンパーから樹脂バンパーに変更された。
 
  ■ 2006年 04月
右側スライドドアの設定の無い 「200系ハイエース・ワイドスーパーロングハイルーフ形状」 の海外輸出仕様車をベースにした両側スライドドアで室内高を嵩上げした新型のハ
 
イメディック&防振ベッドを省いた救急車が登場。
 
それをベースにした室内高1900mmのマイチェンキャンパー特装車が東京モーターショーの反響次第で市販化検討。
 
エンジンはロング同様2700cc直列4気筒2TR-FEが搭載された。
 
尚トヨタの高規格救急車でハイエースのエンジンが搭載されたのは今回が初めてである。
   
  ■ 2007年 08月
マイナーチェンジ。
 
全車フロントグリルの形状変更、「スーパーGL・グランドキャビン・ワゴンGL・コミューターGL」 はシート表皮を変更。 ディーゼル車は 「2500ccの2KD-FTV型」 から3000ccの 「1
 
KD-FTV型」 に排気量拡大するとともに、DPR触媒を採用して新長期規制に適合させた 。
 
1KD-FTVは2KD-FTVよりも先に開発され、プラド等に積まれていたエンジン。 これにDPR等を付加して、搭載した。
 
スーパーGLにワイドボディ車、DXに 「GLパッケージ」 を新設定した。
 
また、ワゴンはDXとグランドキャビンの間に 「ワゴンGL」 が新設定された (このグレードは、ワゴンDXのサイズでグランドキャビン並みの室内装備をもつ)。
 
ワゴンGLではバンのスーパーGLと同じ専用色のブラックマイカが選択できるほか、後部2列のシートに 「アームレスト、リアクォーターコンソール」、4列目 (最後列) はコミューター
 
と同じ、「跳ね上げ式の4人シート」 が装備され、よりパーソナルユースを視野に入れたグレード展開としている。
 
また、要望の多かったアルミホイールを全車にメーカーオプション設定した。
 
  ■ 2010年 07月
2度目のマイナーチェンジ。
1KD-FTV型エンジンを搭載したディーゼル車において、高性能触媒DPRの改良等により、環境性能が向上され、「平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制」 に適合。
 
同時にピエゾインジェクタ−の採用により燃費も向上され、バンの一部車種(ロングボディ・標準ルーフ(2WD/4WD)/ミドルルーフ/ハイルーフ(2WD)及び2コミューターのWD車に
 
おいて、「平成27年度燃費基準」を達成すると共に静粛性も向上された。
 
ガソリン車においてもエンジン・トランスミッションの制御及び触媒の変更により、ワイドボディの4WD車を除く全タイプのバンにおいても「平成27年度燃費基準」を達成した。
 
これらにより、バン(一部車型を除く)とコミューターのディーゼル車は環境対応車 普及促進税制に適合された(「ハイエース」のように、車両重量が2.5t以上・3.5t未満の商用車
 
の場合、平成21年排出ガス規制に適合しており、且つ、平成27年度燃費基準を達成したディーゼル車、及び、平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)あるいは平
成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)を取得しており、且つ、平成27年度燃費基準を達成したガソリン車は環境対応車 普及促進税制の対象となる)。
 
全車フロントグリルの形状変更。
 
初期型と初回マイナーチェンジのグリルは双方交換可能だが、この型のグリルは交換不可。
また、スーパーGL、コミューターGL、ワゴンGLとグランドキャビンにはディスチャージヘッドランプをオプション設定すると共に、オートエアコンを標準装備。
 
全タイプの「DX」にはパワーウィンドウ(運転席キーOFF後作動可能ワンタッチ式・挟み込み防止機能付)を採用した。
ボディカラーにはワゴンとバンの一部グレードにオプションカラーの「ホワイトパールクリスタルシャイン」を、ワゴンのグランドキャビンには「ゴールドメタリック」を追加した。
 
内装面ではドアトリムとシート表皮色にダークグレーを採用。
 
また、スーパーGL、ワゴンGLとグランドキャビンはオプティトロンメーターのデザインを変更した。
■長野県でNo.1の「ハイエースプロショップ」! 「ハイエース・ランドクルーザー・高品質車」を買うなら松本/浅間、ガレージモータス! お客様が安心してお車選びをしていただけるよう、ガレージモータースはバリバリやってます!
■初代ハイエース 10系 車両詳細を見る
■2代目ハイエース H20系〜40系 車両詳細を見る
■3代目ハイエース H50系 車両詳細を見る
■4代目ハイエース H100系 車両詳細を見る
■5代目/現行ハイエース H200系 車両詳細を見る
■ 当社は「Ju加盟店」です! Juについての詳細はこちらからご覧下さい!
■ 当社は「TAX加盟店」です! TAX/タックスについての詳細はこちらからご覧下さい!
■ 当社は「Cow-Cow加盟店」です! Cow-Cow/カウカウについての詳細はこちらからご覧下さい!
■ カーセンサー 掲載車両
■ スタッフブログはこちらから!
■オリコ ニューバジェットローン 商品詳細はこちらから!
■ みんなでとめよう温暖化! チャレンジ25キャンペーン
■ページバック
■ページトップ
■ 長野県公安委員会 古物商許可番号第481329400015号 有限会社ガレージモータース ■
Copyright (C) ガレージモータース / Garage Motors All Rights Reserved.